お知らせ

2019年12月04日

第18回ステンレス協会賞優秀賞をいただきました

12月4日(水)ステンレス協会主催による「第18回ステンレス協会賞兼ステンレス協会創立60周年記念賞」の授賞式が行われ、当社(株)中央コーポレーション・(株)丸島アクアシステム復興JVで施工した「宮古港海岸藤原地区陸閘設備」が優秀賞をいただきました。
また別途、(株)産業新聞社様から産業新聞社賞を頂戴いたしました。
土木建築系の社会インフラ分野に限らず、ステンレス材料が利用されるすべての産業分野の中で全国第3位に相当する賞を頂戴したものであり、とても意義深いものと大変光栄に思っております。

選考理由として、「岩手県宮古市に設置された日本最大級の陸閘門のステンレス化により、国土強靭化に関連するインフラ分野でアルミ合金からの切り替えによるステンレス需要の拡大に貢献しました。強度の高い二相ステンレス鋼SUS821L1による設計により、扉体板形状がシンプルで突起が少なく、周囲と完全に調和した外観となっています。さらに、扉体の奥行がスリム化したことで、車両の通行性を向上させるなど港湾としての使い勝手も改善させています。」というもので、大変高い評価をいただきました。

今後もこの受賞を励みとし、更なる技術力の向上に努め、日本の国土の健全な保全に貢献できるよう社員一丸となって精進して参ります。

20191204ステンレス協会優秀賞1

20191204ステンレス協会優秀賞2

 20191204ステンレス協会優秀賞3 20191204ステンレス協会優秀賞4

20191204ステンレス協会優秀賞5

20191204ステンレス協会優秀賞6

以上

一覧に戻る

PAGETOP