お知らせ

2018年02月23日

黒沢尻工業高校機械科で出前授業を行ないました

2月23日(金)、一般社団法人岩手県溶接協会60周年記念事業の一環として当社から、岩手県立黒沢尻工業高校機械科1年・2年の生徒80名に出前授業をさせていただきました。

岩手県溶接協会の副会長で当社社長佐々木史昭より、ものづくりとして溶接を行っている企業経営者の立場で「これからの時代を生きる若者に贈る言葉」をテーマに一コマ50分講演させて頂き、残り一コマを黒工OBで製造部長青木彰人が製品と溶接技術全般について説明し、黒工機械科OBの草刈拓人さん、高橋明希さんがそれぞれアーク溶接、半自動溶接を実演し、製造総括課長菊池淳哉と課長代理佐々木国彦が詳しい説明を加えるというフォーメーションで、生徒たちには被災地等に設置されている橋梁や水門で実際に行われている溶接のイメージを持ってもらえたのではないかと思います。

今後も当社は、県内工業系高校関係者及び高校生と共有する機会を設け、地元製造業に対する高校生の理解を深めてもらい、地元企業への入社、ひいては地域経済の発展に繋がればと願っております。

20180223 黒工出前授業1 20180223 黒工出前授業2

20180223 黒工出前授業3 20180223 黒工出前授業4

20180223 黒工出前授業5

以上

一覧に戻る

PAGETOP